スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
薪棚を作ろう!・・・その

いよいよ薪棚ネタも最後、完成編です。
毎回、仕事から帰ってビールを我慢しつつ夜な夜なやっております。

塗装前に、溶接したきったない跡をサンダーできれいにします。
結構面倒くさいしサンダー持つ手はパンプするし、目にカス入るし大変。
終わったら、塗料が剥がれないように全体をきれいに拭きます。
(削りカスとか残ったまま塗ると塗料が剥がれるきっかけになります。)

さて、塗装開始。
色は黒。
ホントはつや消しが良かったけど、サビ止めタイプには無かったんで・・・。

ず〜っと見学しとるココさん、

「やる?」

「やりたい!」


しみったれてますが、上手に塗れました。

父さんにチェンジしてちゃちゃ〜と塗って、乾くまで風呂入ったり会社行って来たりで
時間をつぶし、大体乾いたところで立てて仕上げ。

丸一日放置して完成〜!

設置、収めてみました。
ストーブの周りに無造作に積んだり立てかけてあった薪もすっきり♪
きれいになりましたぁ〜!

 
ちゃんとアジャスター付きです。
デコボコな床なんで・・・。(笑)


あと、ついでにダッチオーブン用の五徳も作りました。

初めての溶接、楽しかったなぁ〜。

<掛かった費用>
部材代 : 4,000−
眼科代 : 4,000−(目に入った鉄粉除去)

眼科高ぇ〜、2時間待ったし。

以上、マニアックネタでした。

本気で溶接機欲しくなったHOSO


| ドゥイットユアセルフ | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
薪棚を作ろう!・・・その

 ちょっと間が空きましたが、どんどんくっつけて行きますよぉ〜!

少しずつ溶接にも慣れて作業もスムーズになってきました。


当然ながらまだまだヘタクソですが、片側の枠が出来ました。
これと同じ反対側をもう一個作ります。


んで、両側を薪のサイズより少し短めの鉄筋で繋ぎ合わせていきます。
おそらくこっからが難しい作業になってくると思われます・・・。
立体になってくるんで。

こんな感じでまずは片側に支柱のように立ててくっつけていきます。


めっちゃむずいっす。
日曜大工用に持っとったクランプでなんとか挟むけど、なかなか垂直になりません・・・。
どーしようもならん時は、しゃーないんで手で支えながら溶接しました。
片手で鉄筋支えてもう片方で溶接するやつを持って・・・、

・・・って、

保護面持てんやん!

目ぇつぶってやったけど、何度かすんごい光くらったし。
目ぇチカチカさせながらがんばって進めました。


なんとか全部くっついた!
次は、反対側の枠を立っとる支柱みたいなのに合わせてくっつけて行きます。
(実際はひっくり返して下側で溶接しました。)

この作業は相手が安定しとるし、思ったより簡単でした。
てか、めっちゃ楽しー!
形になってくしね♪

このあたりから完璧慣れて、もう気分は溶接工です!
ちゃっちゃと進めて溶接作業完了〜!



形になりましたぁ〜。(歪んで見えるのは光の加減。で、あってくれ!)
どう?
スマートでしょ? ごつい?


次回、塗装して完成予定です〜。

・・・・・つづく。

   HOSO



| ドゥイットユアセルフ | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
薪棚を作ろう!・・・その
 
快適な薪ストーブライフを送る為にどんどん薪を準備中ですが、
薪を置く棚のことも考えんといかんくなって来ました。

外のことはとりあえず置いといて、
まずは乾いた薪と半乾きのをストーブの近くに置けるようにしたい。

んで、簡単かつスマートな棚ということで鉄筋で作れんかな?

知り合いの鉄工所(ストーブ作ってくれたとこ)に聞いてみたら
「溶接機貸してくれるで自分でやれよ!」
って、ずっと溶接してみたかったオレには願ってもない言葉!

早速ホームセンターで鉄筋(異形棒)と部材を購入〜。

んで、しつこく鉄工所に「早く貸して!」と電話しまくりで先日やっと借りて来ました〜!
触ったこともない溶接機、説明はなし・・・。
ま、何とかなるやろ。


まずは鉄筋をマルチソーを装備させた丸のこでカット。
金属の切断は破片が痛いしバイィーンって音が凄いんで好きじゃないけど、
鉄筋カッターやと潰れたようになるのでそっちの方がイヤ。



バイィーンって音と顔面への破片の攻撃に耐え、なんとか切断完了〜。

続いて人生初の溶接です。
ちょっとドキドキします。



憧れの保護面あてていよいよです。
ビビッ・・・バチンッ、コォー、ウヒョー!



怖ぇ〜!
楽しぃ〜!!

スラグとか取ってない写真で汚いけど、初めての溶接はまずまずでした。
何より楽しいです。
ビール我慢できるもんね。

さぁ、どんどんくっつけて行きまっすよー!

・・・・・・つづく


HOSO
| ドゥイットユアセルフ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
天井貼り

最近、DIY系のブログをよく見るんで基本なんでも自分でやっちゃえ的なオレも
ちょっと影響されてネタにしてみました。



年末ハタノさんに薪ストーブの煙突工事をしてもらって
そのまま天井はぐったまんまで熱逃げまくりやし工事。(自分ではぐったやつね)

↑もともと建物自体が工場で、フールデッキの下にベニヤが貼ってあっただけやし
下地がどうなっとるか分からんかったんでちょっと広めにガバッとはぐった状態。(写真無し)


まずは煙突の熱がモロな部分に不燃材のケイカル板を貼ります。
煙突工事の時点で天井もやってあれば良かったんやけど、
早く焚きたいばっかりに天井後回し!が面倒くさいことになった。


普通は煙突が通る穴が開いた金属製の板か「めがね石」ってのを取り付けるだけで済むんやが
ガバッとはぐってあるうえに煙突まで付いとるんでそうは行きません。

んで、今回は寸法通りにカットしたケイカル板に煙突の穴開けて、それを真ん中で半分にカットし
両側から煙突を挟み込んで貼り付けることに。



ケイカル板は割れやすいので端には下穴を開けておきます。

展開速いですが、さて貼り付け〜。


鉄骨のブレスが邪魔でやりにくっ!
さらに、もともとあった下地に何故か合わず急遽下地補充。
まぁ、なんとか無事貼り付けて次は残りの壁までの部分にベニヤを貼るだけ〜。


と思ったら、ベニヤを差し込むブレスのステイと下地の隙間が無いっ!?
はぐる時はあったのに!


そんなこんなでここでも苦戦しながらもなんとか完成〜!



白いのがケイカル板で左側のキレイな板が貼り直したベニヤ、
右側(その他)は30年物の年季の入ったベニヤ。

奥さんに出来たよって見てもらったら

「わぁ〜カラフル〜!」って。


首もなんとか大丈夫やったし無事完成して良かった。


一番苦労したのはこの記事書くのかも。(笑)


      HOSO



| ドゥイットユアセルフ | 23:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
gerock mail
name
mail*
2012.1〜
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE