スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
苦楽の小秀山
 11月4日

gerock低山登山部(たまに高山)で予てより計画していた

小秀山(1,982m)に行ってきました!


乙女渓谷から遊歩道を楽しみながら歩きます。


ダースベーダーにしか見えん天狗岩を振り返って見たり


ちょー水がきれいなこんな滝や


紅葉の中でくねくねした滝や


落差80mの夫婦滝があったりと

歩くのに飽きさせない遊歩道が終わると

突然、急登が始まります。

しばらく登ると「カモシカ渡り」というほぼ垂直な難所があり

登り切ったところが眺望の良い場所でした。

ちょっと霞んでますが遠くまで見渡せ、おっ月さんも。


御嶽山と飛行機雲も

で、


山頂到着で記念撮影〜

みんなで楽しく昼ごはんを食べて、

風も無く意外と暖かかったし、しばらくま〜たりして下山開始。

帰りは違うルートで下ったけどこれがまた長くて飽きた。


最後は紅葉の中、長い林道を歩いて無事下山。


と、書くのは簡単やけど、

実は今年最初の八尾山同様GPにやられまして・・・(汗)

いろんなところに力を入れて歩いた為、

足はつるわ治ったと思った持病の膝は爆発するわで死ぬほど辛かった。

しかも、最後の最後の下山まで・・・。


でもまぁ、楽しくみんな無事に下山できて良かったです!感謝。


次回からの必須装備は腹巻のレイヤリングやな。


| | 22:21 | comments(1) | trackbacks(0) |
御嶽山 五の池小屋は最高だ!
 9月16日

またまた御嶽山行ってきました〜!

今回は日帰りでjotul家と松風&リンコちゃんと五の池小屋にお土産を持って。


4時起きの7時半登山開始。
(濁河温泉相変わらず遠い)


みんな薪+
オレは鮎。
jotulさんはスイーツいっぱいと小松菜など。
松風は今回もリンコちゃんを背負って。

完全に歩荷です。(笑)
すれ違う人に「小屋の人ですか?」
って言われるけど、そりゃそうやわな・・・。

途中、取材で下山する小屋番・市川さんとメ〜テレの方と遭ってしばし歓談。
相変わらずなんかいつも楽しそうで良い雰囲気の人やなぁ。
松風親子もインタビューを受けたみたい。


天気も良く最高な景色を堪能しながら、4時間くらいで飛騨頂上到着〜


記念撮影して


昼ごはんたくさん食べて


うまいビール飲んで、げざ〜ん。


出会いもあり、今回も最高な五の池小屋でした!

皆さんお疲れさまでした〜!
| | 22:02 | comments(8) | trackbacks(0) |
三俣山荘一泊の旅
 8/17〜18
2012夏休み最後のイベントは、恒例になりつつある北アルプスへの旅。
今回は中でも最奥部の双六岳〜三俣蓮華岳〜鷲羽岳にnaked夫婦と登ってきました!

予定していたテントでの2泊3日の旅は、1泊になったため軽装備での小屋泊に変更。
(nakedが奥さんの体力とオレの膝を心配しての好判断。)←大正解!

下呂を夜中に出発して新穂高の無料駐車場にて一杯やって仮眠。(眠れず・・・)
まだ暗い4:30にヘッテン点けて長い林道を歩き始めました。


すっかり明るくなり、わさび平小屋を過ぎた辺り、朝一調子の悪い奥さんを気遣うnaked。


林道の終点を過ぎていよいよ本格的な登山道。いい天気♪


待望の鏡平は槍ヶ岳もバッチリ見れて大満足!


で、朝食を摂りながらさっそく乾杯!旨過ぎる〜!

まだまだ先は長いので、少しだけ休んで双六小屋に向けて出発。

弓折乗越までを一気に登って少しのアップダウンを繰り返し、緩やかな下りに差し掛かると
見えて来ました。双六小屋。


後ろに聳える鷲羽岳がかっこいい!

ちょうど昼なんで軽くパンを食べながら
ここでもとりあえず乾杯!(燃費が悪いのでサイズアップ)

少し休んでさて、もう一踏ん張り。
双六岳山頂への分岐からは巻道を進みますが、
雨が降ったりやんだりで景色もなくただ無言で歩きます。


三俣カールを左手に歩く頃には雨も止んで
「いい景色が見れそう!」とnakedが長年の山の経験で期待させる。

明日登る三俣蓮華岳山頂への分岐を過ぎて、岩ゴロゴロの道を下っていくと
やっと着きました!


目的地、三俣山荘! と鷲羽岳。(16:00くらいやったかな)

受付を済ませて本日3回目の乾杯!

もう歩かなくてもいいので〜


蛇口の小鳥がかわいいここへ何度来たことか・・・。

ビール飲みながらくつろいでいると、nakedの予感的中!


ちょっとした晴れ間に虹が出ました! 奇跡の1枚ですね。


夜中は星を見に外へ出るも残念ながら曇り・・・。


翌朝は天気が良かったのでnakedと鷲羽岳へ。


今回の山行一つ目の頂上「鷲羽岳 2,924m」


穂高連邦〜槍ヶ岳と左の方に去年登った常念岳。



雄大な山々


小屋でおいしいコーヒーを頂いて
大変お世話になった小屋の皆さんにお礼を言って、またまた長い帰り道。


三俣蓮華岳とやたら背の高いハイマツに埋もれるオレ。

一気に登って

二つ目、岐阜・長野・富山の県境「三俣蓮華岳 2,841m」

ここからは楽しい稜線歩き〜!

途中、nakedプロによるカメラ講座。(笑)


ベストショット!?「チングルマ生きてます!」

岩場を少し登ったところに三つ目


「双六岳 2,860m」  (オレ、全部同じポーズやし・・・汗)

先は長いのですぐ出発。


独り占め〜


撮られているところを後ろからシャッターチャンス!

なんてしていると雲行きが怪しい・・・。

案の定、双六小屋に着いた頃には土砂降り+カミナリ。

そばに落ちたらしくすごい音がしてビビッて一瞬、下山をあきらめた。

それでもお腹は空くので


匂いにやられてカレーライスと最後のビール!


しばらく天気の回復を待つも止みそうにないので、
雷が少し遠くなってから小屋を出ました。

それでも、弓折乗越を過ぎるまではビビりながら逃げるように歩いた。

鏡平まで下りた頃には晴れ間も見えて一安心。
最後まですばらしい景色を見せてくれました。

あとは、ただ足の疲労と闘いながら長い長い下りをゆっくり降りて、
これまた長い長い林道をぼちぼち歩いて、やっとこさ下山届を出しました。

全行程38kmだったそうです。

よく歩いたなぁ。

危険も感じた内容の濃い山行でしたが、本当に無事に下山出来たことに感謝です。

最後もほんとnakedに助けられたし。

マキちゃんもほんと良くがんばったね。


ありがとう!

また行こう!


〆はお約束、鳥海で超回復!

ねぎとろ丼+おろしから揚げ+ヒレカツ定食+生ビール×2
胃が喜んでおりました。



| | 20:05 | comments(6) | trackbacks(0) |
おんたけさん満喫!
 昨日から一泊でjotul家と御岳山に登ってきました〜。
今回は王滝村の田の原口からスタートして、
1日目
王滝頂上〜剣ヶ峰〜二の池〜サイノ河原〜摩利支天(乗越)〜五の池小屋
2日目
三の池〜サイノ河原〜二の池〜剣ヶ峰〜王滝頂上〜田の原のコース
天気も良くて最高でしたわ。


出発!
jotulさん親子はお世話になる五の池小屋にお土産の薪背負って行きます。


ゲンくんの仕事。コース中の鐘全部鳴らしたよ〜


このコントラストがたまらなく好きなんです。


真夏でも雪はかなり残ってますね


冷たくて気持ちぃ〜


剣ヶ峰(3,067m)登頂〜!


サイノ河原を眺めて一休み


目的地、五の池小屋
やっぱいい山小屋やな〜

到着後、ちょっと休んで夕食までに時間があったんで継子岳へ一人散歩。

コマクサの群生、ピンクのちっさいの分かるかな?

あっっ!!
誰にも言って来てなかった・・・(汗)
四の池をぐる〜っと回って急いで戻る。
(勝手に個人行動してしまってゴメンナサイ・・・)

で、

おいしいおいしい、それはおいしい夕食を頂いて
夜はお決まりの飲み会?
小屋番、市川さんの周りに集まる人たちはみんな楽しい人ばっか。
やっぱ人柄がそうさせとるんやろなぁ〜

最高な時間をありがとうございました!


翌朝は奇跡的に二日酔いにならず、5時前に起きてご来光を浴びに。
ゲンくんがお父さんの陰になっちゃったけど、我ながらナイスショット!

おいしいおいしい、これもまたおいしい朝食を頂いて
コーヒー飲んだりおしゃべりしたり、別れを惜しんで出発。


三の池と朝日、これもまた好きな写真になったな。
もちろん御神水も汲んできたよ。



今回もいろんな出会いもあり、最高に楽しい山行になりました!
片道約6km、ゲンくんほんとにがんばりました!
オレの膝も完治したっぽいし。

jotul家のみなさん、ありがとうございました!
また行きましょう!



| | 18:17 | comments(8) | trackbacks(0) |
家族登山デビュー戦。
 最近、山ネタばっかですが、クライミングできないので・・・。

で、5/13(日)快晴!

朝一、地区の大掃除で出掛けたら雲一つないなんとも良い天気♪
速攻奥さんに「山行こう!」メール。

初めての家族登山で準備もしてなかったけど、
気軽に登れそうな家から登山口まで10分のちょー近場の三棟山(629m)へ。
                          ↑
                        なんて読むか分かりません・・・。

新緑の中、背中にリュック、前にコヤマを抱っこでぼちぼち歩く。

もうすぐ頂上〜
この辺りから松林で子供たちは松ぼっくり拾いに夢中。

頂上到着〜
約1時間
松ぼっくり持って記念撮影。

望遠鏡があったので町を覗いたり後ろの御嶽山を見てみたり。
なかなか楽しい望遠鏡!

ちなみに肉眼では↓こんな感じ。
きれいな山や。

昼ご飯に山でのカップラーメンの味を覚えさせ

何度かヘッドスライディングするフタバを助けながら(前向きにこけるので怖い・・・)

橋を渡って無事下山。


「楽しかったぁ〜! また行きたいっ!」

って子供たちが言ってくれるんで、
しゃーないしまた行きますか? 奥様。(笑)


| | 18:22 | comments(6) | trackbacks(0) |
白草山
1週間に2回も山行けました!

5/4(金)
前回の簗谷山に続き同じメンバーで白草山(1,641m)に登りました。

もちろん今回も松風はリンコちゃんを担いで。
たくましんお父さんです!


記念撮影して出発!


最初は林道をしゃべりながらのんびりと。


新緑がきれいな黄緑色。


さて、こっからが登山道。


樹林帯をしばらく登ると自生の水芭蕉が咲いてました。


さらに登ると高度が上がるにつれてガスが濃くなって


晴れていれば目の前に見えるはずの御嶽山どころかなんにも見えず・・・。


それでも一応、記念撮影〜。




で、頂上着いた頃には雨に降られて敗退。
お父さん頑張ったけどリンコちゃんも苦笑い?!

樹林帯まで戻って昼ご飯。も、寒過ぎて早々に下山・・・。


帰りは本格的に降られて逃げるように歩いた。


標高が下がると雨もやんで唯一望めた景色がこれくらい・・・。

白草山もずっと登りたかった山だけにちょっと残念。

でも、登山とか自転車やゴルフなんかでよく悲鳴をあげていた膝が
前回も今回もまったく痛くならず不安が解消されたことはかなり嬉しい!

それもこれもレッグマジックのおかげです。(笑)
マジおすすめ!!

| | 12:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
念願の簗谷山〜!!
 どーも、ご無沙汰しております・・・。
腕を痛めてもう2か月のレスト中です。
まったくのNOクライミングな日々を送ってますが、山には登りました。

ということで山レポです。


4/29(日)
雨やらスケジュールが合わんかったりで、なかなか登らせてもらえんかった
ミサキくんおすすめの簗谷山(1,213m)にやっと登れました!
メンバーはjotulさんファミリー・松風&リンコちゃん・オレの6人。


頂上までもう少し!


もう無理〜


だっちゅ〜の!

・・・はい。

松風お父さん頑張って担ぎました。




ず〜っと明るく気持ちの良い植林されてない原生林の中を登っていきます。


疲れた時にはこんな可愛い顔に癒されますね。


御嶽山と飛行機雲もいい絵でした。




真夏並みの暑さに体力を奪われながらゆ〜くり登って頂上到着〜!
お父さん頑張ったど〜!


山頂でのご飯もがんばれ〜!

かなりの〜んびりしてから下ります。



途中、ここもまたミサキくんおすすめの岳見岩。
すごい高度感と視界に興奮!


黄砂か春霞みかクリアーではないけど御嶽山もきれいに見えました!

無事下山して、お決まりの反省会は深夜3時まで続きました。(笑)


天気にも恵まれて今回も大変良い山行でした〜!





| | 11:00 | comments(6) | trackbacks(0) |
続・鉄塔トレイル
 パソコン直って来ました!

めっちゃ快適やし!

思わず写真も多く長文になりました・・・。



さて、八尾山登山の写真と詳細です。

お決まりポーズで出発!9:30くらいやったかな?

メンバーはjotulさんとnaoとの3人。


30分くらい手入れされた植林地帯を登って開けた場所に最初の鉄塔。

今回の登山はこの鉄塔を辿って行く巡視路のアップダウンの多いトレイル。

(No,115って看板があるように、これをNo,120まで辿って行きます。写真はNo,114)

道はやさしくルンルンで歩けるけど、オレはこの辺りから腹部に不安が・・・



ネットでの下調べにもあった空洞化したブナの木を見たり、

腹部に不安を感じながら進むとNo,116の鉄塔の脇に

三角点ハンターnakedにはたまらない三等三角点「奥茂谷」を発見!

そして腹部の不安は的中・・・

冷えたのか、いわゆるGP(げOぴー)ってやつやな。(汗)

GPの波は寄せては返すを繰り返す。

安心させといていきなり猛烈に襲ってくる。

手遅れになる前にポイントを探すがnaoの視界から逃れられず断念。

いろんなところに力を入れて歩くんでいろんなところが疲れる。

疲れながらも、


こんな良いロケーションや


遠くに岩屋ダムが見れたりして気がまぎれる。


鉄塔アイドルと記念写真なんかも撮った。(黄色い人GPっぽいな。)


No,120からはなかなかの眺望があった。(来た道)


左が前に登った下呂御前山、中央奥に薪ストーブを担いで登った御嶽山。
(残念ながら御嶽山は雲の中・・・。)

また景色を見に来たいな。

そしてピークまであと一息ってところでGPが先にピーク。

二人には先へ進んでもらい、オレは奥茂谷の茂みに消える・・・。


・・・ほっ♪


さて、二人に追いつくために飛ばすぜ!

っと思ったら、いろんなところに力を入れて歩いたせいか

病み上がりのせいか、へとへとでペースダウン・・・。


ちょいと急できつかった上りを登りきったところで、二人が待っててくれました。

んで、11:10頃に三人一緒にピークハント。

と、思いきや多分ここは二等三角点「八尾山」でピークではなさそう・・・。

とりあえず記念写真を撮って本当のピークへ。(黄色い人スッキリ!)


30mくらい先にありました。
jotulさんが10年くらい前に仕事中(キコリさんね)に登って

ノートに名前を書いたって言うんで探す二人。

無いらしい・・・


あきらめず探すjotulさん


あった模様


この日のことも記録。

で、ここは寒すぎるんで風を凌げるような場所を探して昼ご飯。

親子?


食後のコーヒーを2times。(もちろん緑の館)

画期的に山で2回分のコーヒータイムをミルから楽しめる方法を完璧にこなし、

このどや顔! (自画自賛&自己満足) ←GPのくせに。


jotulさんお得意ってか、仕事で毎日な焚き火でも、

吹雪いて来た山の寒さには耐えれず急いで下山開始!

それでも1時間くらい休んで13:00くらいやったかな。


No,117から振り返って確認。

中央の鉄塔(No,120)から左巻きに登った先が八尾山ピーク。

帰りもアップダウンを繰り返し、膝もギリギリの状態で無事下山。

登山口付近で記念撮影。(ピントが地面やけどね)

んで、恒例の反省会はjotul邸でファミリーも参加させてもらって

ピザパーティー! (写真撮ってねぇ〜)

お酒もこういう時は解禁で、ギネスはやっぱりうまい!

次の日は学校もあるし、21:30頃解散でした。


今回もいろんなところが疲れたけど、とっても楽しい良い山行でした!

jotulさん、naoありがとう!!!


(また写真でかいな。)
| | 23:23 | comments(8) | trackbacks(0) |
鉄塔トレイル
 2月26日(日曜)

2012初めての登山に行って来ました!

今回ももろ地元、下呂市の「八尾山(はちおやま)」っていう標高1,101mの山です。

体調崩して完全な病み上がり登山でちとキツかったけど、楽しい山行でした。

パソコン修理中で画像がうまく編集出来んので、写真と詳細はまたUPしまっす。

とりあえず、寒かったぁ〜!
| | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏焼山(仮) 〜おもいっきり充実でした〜
 さて、山頂で昼飯食いながら今後の作戦会議。


まだ日も高いし、距離的にも登りと変わらんってことで先へ進むことに。

雪もうっすら積もっててスリップ注意の下り。

慎重に下っていくと植林が伐採されて半分ひらけたコルに。
そこからは熊笹が胸くらいまであってかき分けながらの登り。

naked、このポーズ好きやな。

直後、カモシカに遭遇してちょっと興奮。
(カメラ出した瞬間に逃げた、武器じゃないのに・・・)

で、一番迷うやろなって思われた小ピークでルート確認。

見晴らしは良く、確実に下界へ下りられる地図にある林道もみえる。(写真のは県道)
予定ルートは急な下りで笹薮。
その向こうにもう一つの尾根もある。
違う方角にも尾根。

さて、どうする?

nakedは予定ルートから林道へエスケープ論。
オレは「あそこ」へ下りれるんじゃない?的な野生の勘?的な違う方角の尾根論。

右往左往で3〜40分悩んだ結果、nakedがオレに付き合ってくれることに。

出だしはゆるい尾根道で快調〜。
途中何度か迷って登り返したりしながら最後は長い急な直滑降。

読んで字のごとく滑りながら真っ直ぐ降りました。
2mで高低差3m位の難所もありーので、ちょっと楽しめた。
下界が近くなった所でお約束「館コーヒー」現地ミル&プレスで休憩。

休憩後、少し下ると作業道らしき道に出てそのまま谷へ下りたらドーン!

デカ岩に遭遇、あるねぇ〜。(このポーズも好きやねぇ〜)

で、道なりに下りたところで野生の勘的な「あそこ」にビンゴで無事下山!

吊り橋に始まり吊り橋に終わる。


全行程、ストックで指しとる辺りのスタート地点から赤字の現在位置ってとこまで
だいたい6〜7kmくらいかな?
10km以上歩いた感はあったけどね。

とにかく、迷いながらも意見が分かれながらも無事下山出来たことに感謝。

迎えが来るまでこの格好で喫茶IN。
鉈はまずいでしょ。(笑)


ってことで、gerock低山登山部に抜け駆け的な
あくまで偵察山行は、全行程クリアで無事終了〜。

来春か秋に今度はテント泊でみんなで行きましょー!


※「あそこ」→リンク先の記事後半の場所です。




| | 23:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
gerock mail
name
mail*
2012.1〜
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE